乳児期

赤ちゃんとのお出かけに便利!アイクレオの液体ミルクを使ってみた体験談

2020年2月27日

一カ月健診が終わった頃から、ようやく子どもと外に出かけられるようになりますね。

しかしそこで心配になるのがミルク!

お湯の入った水筒と粉ミルクと哺乳瓶を持って行って外出先で調乳する方法もありますが、荷物が増えるし冷ますのにも時間がかかりますね。

そんな時に便利なのが、液体ミルクです。

液体ミルクは紙パックや缶に入っていて、哺乳瓶に注ぐだけでそのまま飲むことができます。

今回はそんな液体ミルクを使った体験談をブログ記事にさせていただきます。

液体ミルクを使ってみる!

早速ですが、液体ミルクを使ってみたいと思います。

今回使うのは、紙パックタイプのアイクレオの液体ミルク

 

紙パックの裏側に短いストローがついています。

液体ミルクの裏のストロー

ストローをパックの上の穴に挿して、ストローからミルクを哺乳瓶に注ぐだけです。

哺乳瓶に注がれる液体ミルク

まじか、これだけか!

因みに1パックあたり、125ml入りです。一度開封したら全部使い切る必要があるので、余ったらもったいないですが処分です。

冷たいのでお子が飲んでくれるか心配ですが、生後1カ月の子どもに飲ませてみると……

おぉ、飲んだ!普通に飲んだ!

いつも通りの飲みっぷりです。

冷たくても案外飲めるということが分かりました。

使った感想

液体ミルクはほんとに簡単で便利でした。

その後もお出かけの度に毎回利用してますが、ストローを紙パックに挿してチャプチャプミルクを注ぐ私を見て、

母がいつも「便利な時代になったわねぇ〜」と感心してます。

母上、同意です。

ちょっと前まではなかったものですからね。

荷物も軽々、時間もかからない、ってことで本当にありがたいものです。

デメリットは?

デメリットはまず値段が高い。私はネットで買ったんですが、1本¥200くらいでした。なので、残ったミルクを捨てるのがもったいない。

うちは液体ミルク使い出した頃はまだ1回あたり60mlとかしか飲んでなかったので、毎回残った半分は捨てちゃってましたね……。

まぁ普通のミルクだって、調乳してすぐ飲まなきゃダメになるので当然っちゃ当然ですが。

でも実はそれよりも気になったのは、ミルクの冷たさ

生後1〜2カ月頃はあげれば何でも飲んだのに、3〜4カ月頃になると吸う度に「あれっ?」て顔してちょっと嫌がるようになりました……。

味が分かるようになったんですかね?

ということで、解決策として哺乳瓶ウォーマーを購入!先っちょのUSBをバッテリーに挿すと布が熱を発して、ミルクを温めてくれます。

哺乳瓶に巻いた哺乳瓶ウォーマー

写真は哺乳瓶を巻いた状態ですが、私は普段は紙パックのまま、液体ミルクを哺乳瓶ウォーマーでくるんでます。

しばらくカバンの中で温めてから哺乳瓶に注ぐと、生温かくなっててよく飲んでくれるのです。

同じように冷たいミルクだと飲まない!って方いたら、ネットで売ってるので検索してみると良いかもしれません。

 

~母乳不足を感じるママへ~

AMOMAの ミルクアップブレンド(初回半額定期) を試してみませんか?

楽天ハーブティー部門NO.1の、大好評のハーブティーです^o^

▼▼詳しい情報は、コチラから▼▼

一家に一台の必需品、メルシーポット

みんな持っている! 子どもの鼻水&風邪対策には、電動鼻吸い器「メルシーポット」が最強です!  

口コミを見る

 

ベビーモニターで安心&楽々!

子どもの安全を見守るトリビュートのベビーモニター! ママの「自分時間」確保にも大切です^^  

口コミを見る

  • この記事を書いた人

ナミ

田舎在住の東大ママ。鬼速で家事をこなす方法を、日々探究中です。 『いいな』と思った記事をSNSで拡散していただけると、泣いて喜びます! twitter・インスタをフォローしていただけると、跳んで喜びます!(フォローするにはSNSのアイコンをタップ ↓↓↓↓↓)

-乳児期

© 2022 モンチのママ館 Powered by AFFINGER5